どのコスメティックスがいい?

無香料のコスメティックスの人気はシャンプーにも

シャンプーには通常香りがついているものです。
しかし、中には香り付きのシャンプーが苦手だったり
周りの人が良く思わない場合もあることから、
最近では無香料のシャンプーも人気です。

コスメティックス業界では無添加のものが人気なのですが、
その影響がシャンプーにも出ているのです。

無香料のコスメティックスのメリットは、お肌に悪影響をもたらさないところにあります。

IPSコスメティックスの健康への効果は?

基本的に、香料はそれほど美容に必要なものではありません。
もちろん、アロマセラピーというものがあるくらいですので
良い香りがすることで癒やし効果を得られることから
自分の好きな香りがするシャンプーを使う方も多いでしょう。

しかし科学的に作られている香料はお肌にトラブルを発症させるなどの
悪影響をもたらす可能性もあるのです。

美肌をめざす

 そのために、無添加のコスメティックスが人気なのです。
IPSコスメティックスに使用されている成分について。
頭皮は臭いが発生しやすい部分ですので
香料が入っていないということで臭くなることもありますが、
しっかりとした洗浄成分が入っていれば臭くなくことはありません。

そもそも香料はにおいをごまかすためのものであり
根本的ににおいをなくすものではないのです。

コスメティックスを買うときには健康のことも考えて、
できるだけ余計なものを入れていないもの、あるいは
上質な成分のものを見つけてください。

 

シャンプーの合成香料(イソオイゲノール)のアレルギー反応と髪への悪影響

シャンプーを選ぶ際、良い香りのするものに惹かれてしまうことがあるでしょう。
この香り、化学合成によって生成された合成香料である場合は注意が必要です。

代表としてイソオイゲノールというものがありますが、頭皮や身体内部へにも影響を及ぼす危険性が考えられるのです。
肌への影響として、かぶれや痒みなどの炎症を引き起こすアレルギー反応がみられ、これを繰り返してしまうのは危険です。使い続けることによって頭皮環境が悪化。間接的ではありますが、将来的には薄毛になってしまう可能性も否めません。

また、さらに危険なのは体内へ取り込まれ蓄積されてしまった場合です。
身体への影響はめまいや耳鳴り、腎臓機能障害など、深刻な症状が現れてしまう可能性もあるのです。
地肌が荒れた状態を放置していると、あらゆる危険を及ぼしかねません。これまで毎日使うシャンプーに、こんなにも色々な危険が潜んでいるとは考えることもなかったでしょう。

しかし、これからはこのような悪影響が考えられるものは出来るだけ避けるべきです。
その他にオイゲールや安息香酸、桂皮アルコール、桂皮アルデヒトなど、これらも代表的な合成香料です。

シャンプーを選ぶ際には記載成分を確認することで、トラブルを回避するよう心がけたいものです。
また、他の香料として天然由来成分を原材料としている天然香料があります。アロマオイルなどが代表的なものですが、全く悪影響がないわけではないのです。天然香料に対してアレルギー反応を起こす方もいるため、注意が必要です。

そのような方や香料は心配、という方へは、無香料のシャンプーをおすすめします。
色々なものが入ると少なからずリスクを伴ってしまうため、誰もが安心して使えるものへ切り替えてみてはいかがでしょう。